《基礎知識》エクササイズだけではなくしっかりと冷え性対策も行う

巷で噂になっている美容方法は数多くありますが、残念ながら詐欺的な行為をしている業者の美容方法があります。
ころっと騙されてしまう人も大勢いらっしゃいますので、まずは口コミ情報などをチェックしておくと良いでしょう。 冷え性対策において最も大切なこととしまして、とにかく身体を冷やさないということが挙げられます。
冷え性の人というのは基礎体温が低下してしまっていることが多いので、日常生活から身体を冷やすことの無いようにしましょう。
身体が冷えることで、代謝機能が低下してしまいますので、その結果脚痩せのエクササイズをしても十分な効果は得られません。
ですので足太りを解消したいと考えているのでしたらエクササイズだけに限らずに、冷え性対策も同時に行わなければいけないのです。

 

夏場だったとしましてもクーラー対策をするために上着を一枚用意したり、冷た過ぎる飲料の飲み過ぎにはご注意ください。
服を着込んだりして身体の外側から身体を温めることも重要ですが、身体の内側から温めてあげることも大切なのです。



《基礎知識》エクササイズだけではなくしっかりと冷え性対策も行うブログ:2021/7/05

減量をして体重を落としたとしても、
肉体のエネルギー代謝が悪いままだと、
また以前と同じ体型に戻ってしまうということも…

エネルギー代謝を高める方法の一つに、
肉体を温める働きを持つ食材を
積極的に食べるという方法があります。

食材には、
肉体を冷やす食材と肉体を温める食材があります。

例えば…
冬に豚汁を飲むと肉体が温まりますよね。
温かいものを食べたということもありますが、
北の方で取れる食材や、冬に取れる食材は
肉体を温める働きのあるものが多いんです。

北の方は寒いので、
肉体が温まるものを取り入れるということは
自然な成り行きです。

反対に、夏の暑い時期や南国では、
暑い肉体を冷やすために、
冷たい食べ物を多く食べるということになりますので、
食材もそうしたものが多いのです。

まとめてみると…
・北の方や寒い季節に取れるものには肉体を温める食材が多い
・南の方や暑い季節に取れるものには肉体を冷やす食材が多い
…ということになります。

次に見た目ですが、
見た目が温かそうなものが肉体を温める傾向があり、
冷たそうな色に見えるものは肉体を冷やす傾向があります。

白砂糖や大根、白菜、なしのように白い食材は
肉体を冷やすものが多いですが、
にんじんやかぼちゃのように温かい色は、肉体を温めることが多いです。

こうした見分け方はあくまでも一例ですので、
全ての食材に当てはまるとは限りません。
にんにくは夏にできて色も白いですが、肉体を温める食材ですし、
にんじんやカボチャは夏にできますが、肉体を温めますよ。