《基礎知識》10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意

とある美容対策をしたことで、健康を害してしまったり、最悪のケースでは死亡例もいくつか報告されています。
そのようなケースは至って少ないですが、優良と注目されている美容対策方法を実践するようにしてください。 20代後半でシミや小ジワの悩みが始まってしまう原因としましては乾燥肌にあるのです。
近年におきましては若い高校生の頃からメイクを初めてしまう女性が増えていますが、これは正直良いことではありません。
女性にとりまして非常に大きな悩みの一つのお肌の乾燥というのは、いわゆる老化の始まりとなります。
皮脂の分泌の多い10代でしたらいざ知れず、20代半ばを超えて肌が油っぽいという人はほとんどいないかと思います。

 

10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意が必要です。
的確なケアをしないで、上から塗りつける様々な化粧品のほとんどが、肌の健康を害しているので23歳程度から化粧を始めるようにしましょう。



《基礎知識》10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意ブログ:2021/10/10

わしには、いつも大切にしている言葉があります。

それは、生前祖母がいつもわしに言ってくれていた
「やらんで後悔するなら、やってから後悔しなさい」
という言葉です。

わしが、上野に行く前、
祖母は半身麻痺の状態で、
ずっとベッドの上にいる生活を送っていました。

わしは仕事を続けながら、
家族や親戚と協力し、祖母の介護をしていました。
そんな中、わしに会社から上野へ転勤する辞令が下されたのです。

会社に入って
ずっと希望していた職種へ移動できる嬉しさや驚きもありましたが、
辞令を受けた直後は、正直わしは戸惑いました。

上野に行くという事は、地元を離れる事になります。
そして、寝たきりの祖母を置いて行く事にもなります。

今でも大変なのに、
わしが上野に行く事によって
家族や親戚の負担も大きくなります。

そして、何よりも
大好きで大切な祖母と一緒にいれなくなる事は
わしにとって辛くて寂しい事でもありました。

いつも、
わしが悩んでしまった時の一番の相談相手は祖母でした。

そこで、
転勤の辞令を受けた事、嬉しいけど戸惑いがある事、祖母と離れたくない事、
いっそ会社を退職し祖母のお世話をしようかな…などを
祖母にぽつりぽつりと伝えていきました。

祖母は、ベッドの上で、
うんうんとわしが言う言葉を聞きながら質問をしてきました。
「で、あんたはどうしたいん?」

そこでわしは、
上野でやりたい事にチャレンジしてみたい…と伝えると、
祖母は動くほうの手で優しくわしの頭をなでながら、
「おばあちゃんの事はええから行っといで」

そして、あの言葉を言ってくれたのです。
「しないで後悔するよりも、なんでもやってから後悔した方がええ」