《基礎知識》10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意

とある美容対策をしたことで、健康を害してしまったり、最悪のケースでは死亡例もいくつか報告されています。
そのようなケースは至って少ないですが、優良と注目されている美容対策方法を実践するようにしてください。 20代後半でシミや小ジワの悩みが始まってしまう原因としましては乾燥肌にあるのです。
近年におきましては若い高校生の頃からメイクを初めてしまう女性が増えていますが、これは正直良いことではありません。
女性にとりまして非常に大きな悩みの一つのお肌の乾燥というのは、いわゆる老化の始まりとなります。
皮脂の分泌の多い10代でしたらいざ知れず、20代半ばを超えて肌が油っぽいという人はほとんどいないかと思います。

 

10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意が必要です。
的確なケアをしないで、上から塗りつける様々な化粧品のほとんどが、肌の健康を害しているので23歳程度から化粧を始めるようにしましょう。



《基礎知識》10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意ブログ:2021/6/14

今日は、コーヒーを飲みながら、書いてます。

消費するカロリーが、
食べ物を食べることによる摂取カロリーを超えれば、
今体に溜まっている脂肪分を使って、エネルギーを作るわけですから、
痩せるに決まっている!

おそらくこの減量のメカニズムは、
読者様は既にご存知ですよね?

ところが、頭ではわかっていても、
実際に実行することはなかなか難しい…

そこには、
「減量したい!」という気持ちを上回る
「何か」があるのではないでしょうか?

例えば…
甘いもの好きの人の目の前にケーキが出されれば、
減量していても、
どうしても手が伸びてしまうのでは?

減量って、
目の前に先ほどのケーキみたいに、
ニンジンがぶら下がっていないことが多いんですよね。

ですから、
減量に成功した場合のイメージがしにくいんです!

もともとわしたちには、食欲があります。
視覚とこの食欲が直結してしまうから、
減量中でも、
「いけない」とは思いつつも、食べてしまうわけです。

減量をしようと思ったきっかけには、
「元の体型に戻したいから」とか
「着たい服を着られるようになりたいから」とか…
いろんな理由があるはずです。

そのことをイメージするようなものを
目の前に飾ってみてはいかがでしょうか?

例えば、
昔の戻りたい時代の写真を張り付ける
もしくは、着たい洋服を入らなくても購入して、目の前に飾る…
こうすることで、「どうしても痩せたい!」という気持ちを高めてみましょう。

減量はカロリーコントロールが上手くいけば、
気持ちで負けてしまうことがない限り、確実に痩せることができるんです!
ですから、気持ちのコントロールも忘れないようにしましょう!

・・・と、こんな事書いてみる