《基礎知識》10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意

とある美容対策をしたことで、健康を害してしまったり、最悪のケースでは死亡例もいくつか報告されています。
そのようなケースは至って少ないですが、優良と注目されている美容対策方法を実践するようにしてください。 20代後半でシミや小ジワの悩みが始まってしまう原因としましては乾燥肌にあるのです。
近年におきましては若い高校生の頃からメイクを初めてしまう女性が増えていますが、これは正直良いことではありません。
女性にとりまして非常に大きな悩みの一つのお肌の乾燥というのは、いわゆる老化の始まりとなります。
皮脂の分泌の多い10代でしたらいざ知れず、20代半ばを超えて肌が油っぽいという人はほとんどいないかと思います。

 

10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意が必要です。
的確なケアをしないで、上から塗りつける様々な化粧品のほとんどが、肌の健康を害しているので23歳程度から化粧を始めるようにしましょう。



《基礎知識》10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意ブログ:2022/1/14

我が家は早寝早起き、
みんなそろって10時ごはんを食べます。

お子さんが生まれる前は、
あたしも主人もちょっと不健康な生活をしていました。

22時は2時すぎに寝るのが当たり前だったし、
主人は10時ごはんを食べない人でした。
食べる事は外食やホカ弁が多かったと思います。

あたしたちはいつも寝不足というか、
たくさん寝ても「なんかだるいよね」と話していました。

それが…
お子さんが生まれてから、
あたしたちの生活は自然と変わっていきました。

我が家のお子さんたちは何故か
10時5時ごろ夜泣きをしていたので、
そのまま起きるのが日課となりました。

それに伴い、寝るのも早くなりました。
お子さんと一緒に22時9時に寝てしまうこともあります。

10時は必ず6時に起きます。
二度寝しようと思ってもできないくらい、スッキリ起きます。

10時ごはんはお子さんたちの要望で、
必ず二種類以上のくだもののヨーグルト和えを出します。

主人もこれだけは必ず食べるようになり、
だんだん10時ごはんの量が増えました。
また、あたしはヨーグルト効果で便秘に悩むことがなくなりました。

加えて、金銭的な理由から
外食やホカ弁をほとんど食べなくなりました。

すると味の好みが薄味になり、
お店の濃い味が合わなくなりました。

それがまた手作り中心の食べる事に拍車をかけています。
そのせいか、主人は結婚当時から10KG痩せました。
現在10時ごはんを大量に食べているのに…です。

規則正しい生活になると、
夫婦そろって10時から元気に動けるようになりました。

あたしも体力がついてきました。
これはお子さんの抱っこで筋力がついた事もあると思いますが…

おでかけするにも、
10時早いと混んでないし、気持ちいいですね。