《基礎知識》身体に疲労が溜まった状態が続いてしまいますと細胞が酸素不足となってしまう

もし本気で美容を求めているのでしたら、とにかく美容に関する知識を身に付けておく必要があります。
インターネットでも雑誌でも美容対策方法を勉強することが出来ますのでまずは勉強をしてみてください。 睡眠の質が悪かったり、また睡眠不足に陥ったりすることで身体に疲労が溜まった状態が続いてしまいますと二酸化炭素が細胞内に溜まってしまい、その結果細胞が酸素不足の状態となってしまうのです。
身体というのは酸素不足となった細胞にとにかく酸素を送り込んであげようと血管を拡張させ血流量を増やそうとしているのです。
睡眠というのは身体の健康に維持するために非常に重要なものとなっているのですが、最近の若者というのは睡眠を上手にとることが出来ていません。
実はこの睡眠というのは、脚痩せに大きな関係があるということをまずは覚えておくようにしましょう。

 

睡眠不足が続いてしまいますと、静脈からの水分供給が行われなくなってしまい、余分な水分が皮下組織に蓄積されてしまいます。
これがむくみの原因となり、足を太くさせてしまう大きな原因となっているのです。



《基礎知識》身体に疲労が溜まった状態が続いてしまいますと細胞が酸素不足となってしまうブログ:2021/5/28

きのう、実家の片づけをしていたところ、
ママが昔着ていた洋服がたくさん出てきたので、
もらってきました。

ぼくのママが若かった1960年代というのは、
ミニスカートが大流行したりして、
とってもおしゃれだったようですね。

ママの若いころの写真を見ると、
昔の映画や雑誌に出てきそうな洋服を着ていて、
今から見ても結構イケてます。

それに、
そのころは洋服も大量生産ではなかったようで、
ママの服も洋服屋さんや知り合いに縫ってもらった
手作りの服がほとんどです。

生地やボタンもとっても凝っていて、
今、同じものを買おうとするとぼくには
とても手が出ないんじゃないかなぁ…と思います。

ぼくは息子のころから、
ママのそんな洋服が大好きでした。

ママは仕事もしていたし、
3人の息子がいましたから、
普段は仕事や家事に追われて、
服装にもかまっていられなかったようですが…

幼稚園のトレーニング会とか遠足、家族でお出かけなんていうときは、
ぼくの大好きなワンピースやスーツを着てくれるので、
とてもうれしかったのを覚えています。

ママとお揃いの生地でつくった洋服も何枚かあって、
そんな服を着た日はうれしくて大はしゃぎしていました。

ママの洋服を見ているとそんなことをいろいろ思い出して、
「あぁぼくってママのことが大好きだったんだなぁ」
と改めて思いました。

その中には
ママとお揃いだった洋服もありました。
それはもう今ではシミだらけで着ることはできないのですが、
あまりにも大好きなので、捨てるに捨てられず…

こうしてガラクタがたまっていくんだなぁ…と思いつつも、
この服だけはずっと手元に置いておこう!と
ぼくは思っています。